最後はオプション

オプションに関係しないことが大半の雑記です

ペン字マスターコース、漢字のコツは「45度の打ち込み&払いやはねをわざと大きく書く」かも

スポンサーリンク

 

メルマガ始めました
↓ ↓ ↓

 

ようやく漢字のコツがわかってきたかも。

前回何となく見えてきた

「筆の書き始めや払い、折れに気を付ける」

という点です。

おそらくここをきっちり書くと、きれいに見えるに違いない。

 

今日はSTEP10

f:id:option-trade:20190905213133j:image

 

基本の「はね」です。
f:id:option-trade:20190905213053j:image

この45度に打ち込むという記載がよく登場するので、

ちょっといやらしく45度打ち込みを再現するとよさそう。
f:id:option-trade:20190905213115j:image

 

はね、のオンパレード
f:id:option-trade:20190905213037j:image
f:id:option-trade:20190905213048j:image

 

いざ実践!

この字で45度に打ち込むというのがよくわかってきました。

f:id:option-trade:20190905213110j:image

直線を書くだけじゃなくて、書き始めの形も重要なんですね。

ここです。

f:id:option-trade:20190905213649j:image

 

食の7画目は、止め!?

この字は馴染まないわ~と思いながら書きました。
f:id:option-trade:20190905213041j:image

打は意識してかけました。

45度の打ち込みを随所に出して、払いやはねを意識してちょっと大きめに書く。
f:id:option-trade:20190905213118j:image

 

氏と成は結構綺麗にかけました。

これもはねや払いがポイントですね。
f:id:option-trade:20190905213107j:image

 

この、打ち込みや払い、跳ねの形を意識して書くと良さそうだと思えたのが、

我 と 或。
f:id:option-trade:20190905213102j:image

 

STEP10完成品
f:id:option-trade:20190905213129j:image

力なく見える字というのは、

だいたい打ち込みの45度が再現できていなくて、

払いやはねがしっかりと書けてないときなんですよね。

 

下の「分」なんかそうですよね。

ちなみに「展」は、バランス悪くてそもそもキレイに書けてませんが^^;
f:id:option-trade:20190905213045j:image
f:id:option-trade:20190905213056j:image