最後はオプション

オプションに関係しないことが大半の雑記です

今日の21,750円が3月高値の21,870円と同額なので、下落目線のプットデビットスプレッドを仕掛けました

スポンサーリンク

 

メルマガ始めました
↓ ↓ ↓

 

本日の寄りつきで付けた高値21750円が、3月高値の21870円と同一水準であり、ここから下値を探りに行くのではないかという考察があることを知りました。

ということで、私はプットデビットスプレッドを建てました。

日経VI指数も17ポイント程度で結構低いし。

f:id:option-trade:20190402105016j:plain

[約定日時]:04/02 10:47
[銘柄]:NK225 04月P-213
[取引区分]:新規
[売買]:買
[約定単価]:155
[約定数量]:1

[約定日時]:04/02 10:47
[銘柄]:NK225 04月P-212
[取引区分]:新規
[売買]:売
[約定単価]:120
[約定数量]:1

プット21375を155円で買って、プット21250を120円で売るプットデビットスプレッドを仕掛けたので、最大損失わずか35円(3.5万円)です。

大利益は4月SQに日経平均株価が21,250円を割り込めば90円(9万円)をみこめます。

最大損失3.5万円、最大利益9万円の取引です。

高値にタッチしたと判断した理由は「配当落ち」

チャートを見てみると、今日の株価はまだ3月の高値には届いていないように見えます。

f:id:option-trade:20190402104139j:plain

ですが実質は高値を触ってダブルトップを付けて、下落を探っているという解釈ができます。

 

理由は、「3月末の配当落ちがあるため」です。

 

配当落ちとは、日経平均株価特有の3月末と9月末に企業の個別株の配当が出ることで株価が下がる現象です。

この配当落ちを考慮すると、すでに高値を付けている、という解釈ができます。

 

今日の寄りつきのチャート(5分足)

チャートを拡大してみると、今日は寄り付きに高値を付けて、徐々に下げてきているように見えます。

すでにターゲットの高値は到達したということでしょうか。

f:id:option-trade:20190402103451j:plain

3月高値(日足)

一方の3月4日に付けた高値です。

f:id:option-trade:20190402103550j:plain

この高値を超えられずに上昇威力が無くなった=レンジ相場になる、という解釈もできるようです。

確かに元号ご祝儀で株価が上がったけど、他に上昇する材料もなければ、このまま力尽きて下げてしまう可能性もありますね。

さてどうなることか。

もしこのまま4月SQを迎える場合には、このような天井を付けたときにプットデビットを仕掛けて思惑通りSQにかけて下落すると利益が見込めますね。

プットデビットスプレッドは最大損失が最初から限定されているので、組んでいて安心感があります。

私が読者登録しているあいぼさんも

負けて分かるデビットスプレッドの良さ - 8勝7敗

で同じようなことを書かれていました。

 

やっぱり個人投資家には損失限定が気楽でいいですよね^^