最後はオプション

オプションに関係しないことが大半の雑記です

神楽坂のレッドフェニックスインベストメントにお邪魔しました

以前、神楽坂のラムのお店に行った記事を書きました。

www.option-trade.xyz

 

実は、こちらの店は、この記事に書かれている、橋本さんとご一緒に食事会だったのです。

橋本雅彦さん。

www.bloomberg.co.jp

 

東京理科大から出資を受けているファンドって、すごくないですか?

 

事務所にお邪魔しました

記事には

オフィスを同大神楽坂キャンパスの学生寮内に移転した。

 と書かれています。

 

実際その通り。

 

寮の立て看板。

理科大の文字。

f:id:option-trade:20190522091507j:image

 

そして、レッドフェニックスの看板が^^

f:id:option-trade:20190522091504j:image

 

中にお邪魔すると・・・

火の鳥=レッドフェニックス

f:id:option-trade:20190522091500j:image

かっこいい。



オフィスの様子

いわゆる

「4面ディスプレイでトレーディングってかっこいい」

というイメージを具現化したフロア。


f:id:option-trade:20190522091522j:image

 

この写真、なんだと思いますか?

実は、CBOTの場立ち(フロアトレード)の様子なんですって。

今は電子取引が主流ですが、昔は人が赤い服を着てフロアにいたそうです。
f:id:option-trade:20190522091511j:image

NYSEにいた方が「これ、懐かし~」と感激していました。

 

 

他には、ミッションが書かれていたり、道場訓なんていうのも掲載されていました。



純粋に、凄いっす。

大学から出資を受けてファンド運営している

プロの方とつながりを持てたなんて感激です^^

佐賀牛を送っていただきました、食べ過ぎて胃もたれ・・・

知人から佐賀牛をいただきました。

f:id:option-trade:20190517092834j:image

 

凄い立派です。いくらするんでしょうか?

f:id:option-trade:20190517092851j:image
f:id:option-trade:20190517092839j:image

 

まずは普通に焼いて、塩で食べるかタレで食べるか!
f:id:option-trade:20190517092752j:image

 

かなり脂がのっていて、上手そう。

味見を3切れしてしまいました(笑)
f:id:option-trade:20190517092829j:image

 

佐賀牛丼!

凄い迫力だ!
f:id:option-trade:20190517092748j:image

というのはズルい写真の撮り方で、この茶碗は子供用茶碗です。

決して大人茶碗の淵から渕までの巨大肉じゃありません。

 

と言っても大きいことには変わりありませんね。

 

調子に乗ってたくさん食べました

焼くときにお腹がすいていたので、結構な枚数を焼いたのですが、たくさん食べたら胃もたれが・・・

もう40歳を超えるとダメですね。

適量を味わう程度で済ませたほうが、自分の体に優しいような気がしました。

 

今日の教訓

腹が減っているときに料理をすると食べきれない量焼いてしまう。

 

BBQあるあるかも?

神楽坂のラムチョップの店、「ULTRA CHOP」でラムチョップに大満足!

昨日は、神楽坂のラムチョップの店、「ULTRA CHOP」に行きました。

 

お仕事でお知り合いになった方に連れて行ってもらいました。

f:id:option-trade:20190515000932j:image

 

こんな看板です。
f:id:option-trade:20190515000926j:image

 

ビルの2階、階段を上ると店です。

f:id:option-trade:20190515000954j:image

 

店内の様子。

結構照明が暗めでした。

f:id:option-trade:20190515000941j:image

 

おしゃれな逆さ吊りワイングラスの山^^

f:id:option-trade:20190515000951j:image

 

コース料理のラムチョップに大満足

頼まれていたのはコース料理なので、料理名が分かりません^^;

 

前菜から。

生野菜を温めたソースに付けて食べます。
f:id:option-trade:20190515000947j:image

 

生ハムの前菜。

シイタケっぽいのは、なんといぶりガッコ。

食べた瞬間、見た目とのギャップにみんな驚き。
f:id:option-trade:20190515000958j:image

 

食事を出されるときに料理の説明があるのですが、初めてすぎて何の料理かよくわかりません(笑)

特に左の料理。パンじゃないです。

しかも右の肉に添えてあるキノコみたいなやつ。あれはチーズでした。

なのでみなさんキノコと思って一気に食べて公開してます(笑)
f:id:option-trade:20190515000918j:image

 

バーニャカウダ。
f:id:option-trade:20190515000913j:image

 

メインのラムチョップ

癖が全然なくて、私は3本もいただいていしまいました!
f:id:option-trade:20190515000922j:image

 

パスタ。
f:id:option-trade:20190515000936j:image

最後の締めのデザートは写真に撮り忘れ(泣)

ラムのお店なので羊がいました

こんな細工がありました。

生野菜の写真をもう一度よくご覧ください。

f:id:option-trade:20190515000947j:image

真ん中に羊の形に切り抜いたニンジンがあります。

ラム(羊)肉と掛けて、羊が隠れているんですね。

 

なかなか憎い演出です。

この演出は生野菜登場の時ではなく、最後の最後で料理を平らげる段階になって気づきました。

危なくスルーして憎い演出に気づかず終わるところでした。

あぶないあぶない。

  

店の情報

神楽坂駅の近くです。

tabelog.com

店内はそんなに広くは無いので、予約していったほうがよさそうですね。

 

始めてラムの専門店に行きましたが、私のイメージではラム肉って硬くて癖があるような印象ですが、このお店のラムは非常に柔らかくて食べやすかったです。

 

非常においしいお店に連れて行ってもらえました^^

コスト

結局は、知り合いの方にごちそうになってしまいましたので、値段が分かりません!

貴重な体験はプライスレスです^^v

 

博多の天神にある、あんみつ姫に行ってきました

福岡滞在なう。

 

昨日はあんみつ姫という、ショーパブに連れて行ってもらいました。

全国的に有名?らしいです。

私は事前情報全くなしで連れていかれたので、コンセプトにビビりまくりでした。

 

友人からは「5000円を稼ぐことの大変さが分かるショーだ」とだけ言われてます。

f:id:option-trade:20190511095757j:image

 

すげー怪しい感じですよね(笑)

でも、リピーターがたくさんいる楽しめるショーです。

f:id:option-trade:20190511095824j:image


ショーはこんな感じ。

私の知り合いがやる気満々で特等席を確保してました^^;

f:id:option-trade:20190511095659j:image

 

あ、だいたい壇上に上がっているのは男性だそうです。

そういうお店のようです(笑)
f:id:option-trade:20190511095538j:image
f:id:option-trade:20190511095928j:image
f:id:option-trade:20190511095722j:image
f:id:option-trade:20190511095542j:image
f:id:option-trade:20190511095703j:image

 

これ、指原さんです。

腹を刺す、刺腹。
f:id:option-trade:20190511095545j:image
f:id:option-trade:20190511095731j:image
f:id:option-trade:20190511095530j:image
f:id:option-trade:20190511095951j:image

 

小ネタと歌とダンス。
f:id:option-trade:20190511095552j:image
f:id:option-trade:20190511095556j:image
f:id:option-trade:20190511095848j:image

 

お客さんを巻き込んでのショー。
f:id:option-trade:20190511101541j:image
f:id:option-trade:20190511095607j:image
f:id:option-trade:20190511095806j:image
f:id:option-trade:20190511095802j:image
f:id:option-trade:20190511095819j:image
f:id:option-trade:20190511095852j:image
f:id:option-trade:20190511095811j:image
f:id:option-trade:20190511095742j:image

 

なんとスペシャルゲストで菅官房長官が来てました。
f:id:option-trade:20190511095623j:image

 

令和砲を持っています。
f:id:option-trade:20190511095828j:image
f:id:option-trade:20190511095840j:image
f:id:option-trade:20190511095644j:image
f:id:option-trade:20190511095942j:image

 

しかも今回は菅官房長官が3人も来てました。
f:id:option-trade:20190511095745j:image

 

最後の締めくくり。
f:id:option-trade:20190511095631j:image

 

念のため繰り返しますが、だいたい男性のようです。

ステージで踊っている人は。

女性もいるとかいないとか・・・
f:id:option-trade:20190511095603j:image
f:id:option-trade:20190511095559j:image
f:id:option-trade:20190511095628j:image

 

グッズ販売しているので最後に宣伝^^
f:id:option-trade:20190511095918j:image


入場料5000円。

 

参加者はみんな真剣に歌って踊ってるし、マイクパフォーマンスでアドリブもバンバンだしお客さんいじりも上手だし、5000円以上の価値を見させてもらいました。

 

P.S.

連れの2人は「おかわり」で次の公演まで見てました・・・・完全なるリピーター。コアなファンですね。

福岡へ行ってきます!

所用で福岡へ。

f:id:option-trade:20190510092806j:image

 

空港の写真をほとんど撮ってませんT_T
f:id:option-trade:20190510092810j:image

 

f:id:option-trade:20190510093305j:image

 

鯖シャブ食べる予定。

 

 

なお、ちゃんと用意してたチケット印刷した紙を机の上に忘れてしまい、楽天トラベルのANAパックで予約してたので急遽アプリをダウンロードしてチケットレスサービスを利用しました。

 

完全に油断して印刷の紙を持ってくるの忘れてましたヽ( ̄д ̄;)ノ

 

でも予約さえしておけば、なんとかなるものですね。

助かりました。

 

バーコードのスクリーンショットを保存しておいて画像を入り口にかざすと入れるのですが、必ずiphoneのwallet登録カード支払い画面になってしまいます。

 

まあ、入れるからいいんですけど、初めての使い方するとよくわからないことが多いですね、、、

5000万円の資金を運用するポートフォリオを真剣に考えてみた

先日、ある秘密会議で「5000万円の資金を運用するポートフォリオ」について【真剣に】実現する方法を考えてみました。
 
条件は、5年運用して2倍になったら元本を引き出して自分年金にしたい。
だから5年で2倍になる資産運用方法を見つけたい。
でも毎日トレーディングであくせく相場を張ったり一喜一憂したりはイヤ。
 
こんな条件です。 
たのしい皮算用です。

単純に株のポートフォリオで運用すると年利7%

単純に、VTIなどのインデックス投資をするとだいたい年利7%くらいのポートフォリオが組めることが分かっています。

でも、それじゃ5年で2倍にならない。

 

そこで、cash secured put writingというアメリカ株オプションを使った投資を採用すると、だいたい年利12%くらいを見込ます。

 

ただ、それでも5年で12%ずつ積み上げても倍にはなりません。

f:id:option-trade:20190508175939j:plain
後問題点としては、VTIポートフォリオは株を買うだけなので、値上がり分を再投資しているかのように自動複利運用してくれますが、cash secured put writingは自分で再投資しなければいけない手間がかかります。
手間がかかると言っても年1回なので、そのくらい手間を惜しんではいけませんが・・・。

問題はcash secured put writingは自動再投資できない

ただ、問題なのは、このcash secured put writingは、株式保有投資と違って保有し続ければ勝手に再投資してくれないのです。
https://publicdomainq.net/images/201902/20s/publicdomainq-0031638xzz.jpgこの絵のように、VTIなどの株のポートフォリオは絶え間なく再投資している感じで、時価総額が上がれば勝手に複利再投資が実現するのですが、cash secured put writingの場合は階段状に積み増し積み増しを繰り返すことになります。
利益が少ない年には積み増しができなくて、1年間資金を寝かしておく・・・ということにもなりかねません。
 

一番起きる可能性が高いリターン額と、最低額のイメージ

そこで、一番起きそうなリターン額と、結構シビアに利回り計算をしてみた額を計算してみました。
 
それがこちら。
VTIの株ポートフォリオに500万円、cash secured put writingに250万、日経225オプションに250万円を入れてぶん回す作戦。

f:id:option-trade:20190508180730j:plain

最頻値合計=1978万
下限値合計=1558万
ということで、最も実現しそうなパターンなら、1000万円が1978万円になりほぼ2倍を達成できる!皮算用ができました^^
 
ええ。皮算用です。
 

もしcash secured put writingだけで運用するなら年利20%

もしcash secured put writingだけで運用するとしたら、試算した12%だけじゃ足りません。
もっと利回りを上げないと5年で2倍には届きませんよね。
もしちゃんと利回りを20%確保できたとすると、こんな感じの利益の出方になりそうなことが分かりました。

f:id:option-trade:20190508181046j:plain

これは単利計算なので、利益が出た後にその利益を足して再投資するイメージです。
最初に250万円(25000ドル)投下して、1年目は20%利益の5000ドルを得て、元の資金と合計して30000ドルを2年目は投資する、という感じで進めます。
そうすれば、25000ドルが5年経てば62208ドルに膨れ上がる計算です!
 
皮算用は楽しいですね^^
https://3.bp.blogspot.com/-saQO5IjSwZ4/V5QarYMdHUI/AAAAAAAA8l0/EEReBEPZSlIGjK8kY8_-yQL_TbNjTPogwCLcB/s400/animal_tanuki.png
ただしこの皮算用には、相場変動によるブレが全くなく安定して年利20%を得られるという想定でこのリターンが実現しているので、実際は投資収益のブレを考慮して計算しないといけません。
この投資収益のブレを標準偏差と言って、ブレを小さくするのがオプションの役目です。 

標準偏差を減らすのがオプションの役目 

別にオプションだから怖いとか、オプションは危ないというわけじゃなく、ただブレを小さくするために使えるのがオプションなので、株式投資家にはぜひやってもらいたいと思っていますけどね。
ただ、株式投資家はみなさん口を揃えて「めんどくさい。難しい。わからない」と言っているので、ブレを小さくする気がないようです。
腕に自信があれば自分の相場観で市況を読んで戦えるのでしょうけど、長期投資になればなるほど自分の相場観を当てにするのではなく、市況のブレを小さく=標準偏差を少なくして戦ったほうがリターンが安定すると思うのですが、みなさん一生涯トレーディングを楽しみたいようで、オプションは知名度が高まりませんね(泣)
 
先日オプション酒場の収録に参加したむらやんさんとか藤川さん、Bコミさんはオプションをやってみようと思ったのかしら・・・。
彼らがオプションの良さに気づいて、というかオプション使わなきゃ相場のブレでやられるということに気づいて対処する必要性に気付いてくれればば、彼らの発信力で株式投資家も危ない橋を渡らずに済むと思うのですが、まだまだ株式投資は「勝てば官軍」という感じかな・・・。

年利20%を超える単利cash secured put writing戦略

なかなかオプションが見向きもされない愚痴はさておき、先日の研究で単利20%を見込める戦略を見つけました。
あとはこれが実現するか試すだけです。
 
なお、初年度だけ20%で後はゴミみたいな利益しか得られない投資法じゃなくて、ちゃんと利益を確保できる見込みをオプションの特徴と統計学標準偏差から求めています。
しかも、もしうまくいかなくても利回りが低下するものの回復見込みがある銘柄に絞り込んでいるので、結構自信ある戦略だったりします。
 
ただ、残念なことは、結果が翌日には出ないこと!
投資ってすぐ結果が出るとやる気になるんですが、じわじわとしか利益が出ないから、気が付いたら利益になってたという感じで実感が湧かないんですよね~。
結果が出るのは来年の1月くらいかな。
 
 
5年で倍になる投資スタイルが年1回のメンテで実現出来たら、いいと思いませんか?
 
皮算用も狸がいっぱい出てきそうで捗りますね^^

配当利回り3.8%のNGG株の利回りを7.6%にする裏ワザ

アメリカ株のNGGという銘柄を知っていますか?

 

・・・知っていますか?と問いかけておきながら、私も知りませんでした(爆)

 

はてなブログで有名なアメリカ株配当投資家のたぱぞうさんの記事で知りました。

https://www.americakabu.com/entry/ngg

 

彼は記事を読むと2018年に株を手放しているようですね。

現在の株価だと配当利回りNasdaq.comのサイトによると3.86%のようです。

 

f:id:option-trade:20190507225744j:plain

引用:https://www.nasdaq.com/symbol/ngg

 

インカムゲイン狙いの投資スタイルなら、この3.86%を維持して配当マシーンを購入するつもりでNGG株を買うことになりますね。

 

ところが、この利回りを約2倍に引き上げる、魔法のような仕組みがアメリカ株にはあります。

 

それが株オプションを使ったカバードコールという投資法です。

 

バードコールをセットすれば利回りが7.6%に上昇

現在のNGG株は54ドルです。

54ドルの株を100株買うと5400ドルかかります。

配当額だけの利回りは3.8%

配当は下図のように夏季に2ドル、冬季に1ドルという感じでしょうか。

(配当のタイミングはたぱぞうさんのブログを参照してください)

f:id:option-trade:20190507230343j:plain

おおむね1株当たり年間3ドル程度の配当が得られそうなので、100株保有したことを想定してい利回りを計算すると

300ドル÷5400ドル=5.5%と計算できます。

Nasdaq.comのYeildと合わないのは、Nasdaqではそこまで配当が出ないことを意味しているのでしょうか。

3.86%の配当利回りを得るために必要な配当額は、

3.86%×5400ドル=208ドル

なので、夏季だけ配当が出ていることを想定しているのでしょうか。

コールを売って配当額を増やす

この配当額だけじゃ満足できない人は、55ドルのコールを売ってみましょう。

f:id:option-trade:20190507230156j:plain

おおよそ2.05ドルで売れそうです。(最終価格が2.05ドルなので)

アメリカ株オプションは100倍単位なので、205ドルが手元に入ります。

 

コールの満期の12月20日に、株価が55ドルを下回っていたら、このコール売りで得た205ドルは利益確定です。

でも、株価が55ドルを上回っていても、205ドルは利益確定です。

つまり株価が何ドルになっても、205ドルは配当のように確定益としてもらえます。

 

だから、カバードコールを売った金額を配当とみなせば、純粋な配当208ドル+カバードコールの配当205ドル=413ドルの配当が得られます。

満期に株価が55ドルを超えたら株を手放す

配当投資家とちょっと異なるのは、カバードコールをして満期に株価が55ドルを超えたら、この株はコールと相殺されて消えてなくなります。

でも、コール売りの205ドルは利益で確定します。

つまり配当マシーンのようにずっと保有し続けることができなくなるかもしれないのですが、配当利回りは向上します。

 

配当は合計413ドルで、投下資金は5400ドルなので、利回りを計算すると

413ドル÷5400ドル=7.6%

に向上しました。

 

しかも、ちょっとだけですが値上がり益ももらえます。

現在の株価が54.2ドルで、満期に55ドルを超えたら株が消えるので、0.8ドル分はキャピタルゲインが得られると考えられます。

0.8ドル×100株=80ドルのおまけつきです。

 

値上がりしたら株を手放してもいいじゃん!と思えるなら、配当投資をしている方にはカバードコールが向いていると思います。

まさに農耕型の育てる投資ですね。

https://2.bp.blogspot.com/-yexd4XTlwUI/WJahdXKisbI/AAAAAAABBfw/unk9KIDtdWYBRul0FpAF8ldg_h0Jr4IewCLcB/s800/taue_man2.png

アメリカ株では銘柄が山ほどありますので、

1.値上がり前に配当狙いの現物株保有をしてカバードコールをセット

値上がりしなければ満期で消えたコールの利益が確定して次の年もまたカバードコール+配当で利益を得る

2.もし値上がりしたら

株が成長していったので「サヨウナラ」して別な銘柄を探す

これだけの青写真を描いていればOKです。

こんな感じで、利回りを高めることもアメリカ個別株オプションなら実現できます。

犠牲にするのは値上がり益だけ

このカバードコール戦略は、現株を保有する以上のリスクは増えません。

でも、こんなメリットがある投資は、何かを差し出さないとリスクリターンの原則から成り立たないと思いますよね?

実は、この戦略は「値上がり益」を放棄しています。

55ドル以上値上がりして成長することを放棄することで、その放棄分を205ドルのオプション料で先取りしています。

だから、「この株は右肩上がりで上昇するぜ!」という確信があればカバードコール戦略は取る必要がありませんが、どちらかというとインカムゲイン、配当投資を狙っているなら、実はやらない手はないんじゃないかと私は思います。

まとめ

株価が上がるか下がるかわからないんだったら、そもそも値上がり益を放棄するだけで利回りが約2倍に増える戦略がカバードコールです。

追加で引き受けるリスクはゼロ、ただ上昇益を放棄するだけ。

これができるのがアメリカ株のメリットですね。

 

日本でも「かぶオプ」として東証上場銘柄のオプションがありますが、まだまだ流動性が低いです。

今この投資をするなら、アメリカ市場が最もやりやすいです。

 

ちなみに、私はNGG株の企業分析を載せていませんで、企業分析はたぱぞうさんのブログを見てくださいませ^^

 

なお、私のメインブログではNGG株の配当利回りを3.8%から7.6%に引き上げる方法を詳しく書いていますので是非読んでみてくださいね。